こちらのホームページを見ることで、永代供養のことについて知ることができます。多くの記事が存在していて、疑問が持たれやすいことについての解説をしています。
そのため、利用を検討している人や、将来的に利用しするつもりであるという人で疑問が生じているという場合、見ることで疑問を解消することができます。
例えば、お墓のタイプに単独墓、共同墓などの違いがあることについてや、申し込みの流れについてなどの情報を取り扱っています。

永代供養「単独墓」の特徴

永代供養「単独墓」の特徴 永代供養は、供養、管理を墓地の管理者が行ってくれるタイプの墓です。
これのメリットは、無縁仏とはならいこと、誰も承継者がいなくても供養や管理をしてもらえることです。
永代供養といっても、いくつかの墓のタイプがあります。その一つが単独墓です。
これは、通常のお墓と同じように、単独の墓石を墓地に建てて供養するスタイルで、骨はこちらに収められます。
ただし、このスタイルの場合、永代とはいっても利用期間が定まっていることが多く、33年、50年というように定められた期限を過ぎれば、共同墓などの永代供養墓に改葬されるようになっています。
いずれはこのようになりますが、管理や供養はすべて行ってもらえます。将来的に承継者がいなくなる可能性がある場合などには、良い選択肢です。

永代供養「集合墓」の特徴

永代供養「集合墓」の特徴 永代供養とは、お墓参りが出来ない人や実際にお墓まりする人がいなくなった場合、寺や霊園が永代にわたり管理供養してくれる埋葬方法をいい、一般的には他の人と一緒の墓もしくは納骨室に安置されることから集合墓とも呼ばれています。
昨今遠方に転居してお墓参りが出来ないやお墓を守る人が途絶えてしまったなどということから、お墓が荒れ果ててしまったという例が後を絶たないということがマスコミで取り上げられることも多くなってきています。
新しくお墓をたてるとなると費用の問題やたてる場所を探すのに大変苦労します。また昨今の少子化の流れの中お墓を守り受け継ぐ人がいなくなっていることが大きな問題となっています。
しかし、永代供養であれば未来永劫にわたり供養してもらえるため無縁仏になるという心配はありません。
また一般的なお墓を購入する費用よりも安くすむことや霊園によくある管理費が不要であることが多いです。宗旨・宗派に関係なく入れるのも特徴です。
生前に永代供養を申込みする人も多く、子や孫に迷惑をかけたくないという思いの高齢者が多くいるのは間違いありません。
このように少子化の流れの中で、永代供養を選択する人は今後益々増えていくことでしょう。

永代供養に関する情報リンク

年間管理費のかからない永代供養のサイト

永代供養 大阪