永代供養「合祀墓」の特徴

永代供養「合祀墓」の特徴 永代供養の合祀墓の特徴は、他の人と一緒に墓に入るということです。
お墓の中に入ってしまうと、遺骨はもう他の方のものと混じり合ってしまい、誰のものかわからなくなってしまいます。後で普通墓に移そうと思っても、取り出すことはできません。
ただ合祀墓は個人のものではないため、墓の掃除や草取りの必要がなく、また管理費やお寺へのお布施などを支払う必要もありません。
後継ぎがいなくても、年に何回か大きな法要があり、永遠に供養して頂けます。また普通の墓と比べて、大変費用が安くなっています。
少し前までは墓は先祖代々あるべきだという考え方が一般的でした。
しかし最近は一生同じところに住むことができない人や女のお子さんが一人しかいないため後継ぎがいないなどの問題などもあり、墓を永遠に管理や維持ができなくなることを感じ始めている人たちが増えています。
将来、子や孫が墓に縛られ、負担を感じることのないようにしてあげたいという思いから永代供養墓を考える方が多くなっているのでしょう。
永代供養の合祀墓は他の人と一緒に同じ墓に入ることになりますが、普通のお墓と同じようにお参りはいつでもできます。
供養は永遠にしていただけるので、子孫に迷惑をかけることなく安心して眠れるお墓でもあります。

永代供養は墓石代がかからない!

永代供養は墓石代がかからない! 永代供養は墓石代がかかりません。
普通は通夜、告別式、火葬場、納骨の為に寺院へ赴くという段取りですが、永代供養墓を利用する場合は、墓地墓石を購入する必要がありません。
その為経済的に余裕のない方でも気軽に利用できるというメリットがあります。
また、初回に費用を支払ってしまえば追加料金などが発生することはありません。ほとんどの永代供養墓は宗派を問わず扱ってくれます。
田舎にお墓はあるけれど、今住んでいる場所が長く田舎の御墓には入る気がないという方や、夫婦二人なので御墓を建てても無縁墓になってしまう方、子供はいるけれど墓守をさせる負担をかけたくないという方、子供はいるけれど嫁に行っていて墓守を任せられない方、天涯孤独な方などにお薦めの供養方法です。
寺院の運営が続くかぎり永代に渡ってお盆やお彼岸などに読経焼香をして供養をしてもらえますので、無縁仏になる心配もありません。
生前にご自分の好みのスタイルで運営しているところを見つけて、実際に足を運んで確認し、御住職や運営している方とお話しをしておくとさらに安心できます。