永代供養墓と一般のお墓との違い

永代供養墓と一般のお墓との違い 永代供養墓と一般のお墓との違いですが、まず永代供養墓は、お参りに来てくれる人がいてもいなくても、永遠に供養してもらえます。
ただ他人と一緒の合同墓や納骨堂といったものが多いため、迷われる方も多いのではないでしょうか。
数は少ないですが、一般の墓と同じように個人の墓の形で納骨できる永代供養墓もあるようですが探すのは難しいかもしれません。
基本、永代供養は墓の管理を全てしていただけるので掃除や草取りなどをすることがなく、お参りする側は楽です。
供養も年に数回は大きな合同法要をしていただけるので安心です。
管理費も要りませんので後継ぎがいなくても問題ありません。
一般のお墓は、個人のお墓として所有出来るので、自分がそのお墓に入ることを思えば、他人と一緒ではないので気楽な感じがします。
ただ永遠に管理費を払わなくてはいけない事やお寺に読経をしていただきたい時は個人でお願いしなければならないということがあります。
また後継ぎが何らかの事情で途絶える場合はほったらかしにはできませんので、墓じまいということをしなければならないかもしれません。
どちらを選ぶかは個人の考え方ですので、よく考えて納得のいくお墓を選んでください。

永代供養墓に位牌は飾れる?

永代供養墓に位牌は飾れる? 永代供養は、永代にわたって供養をしてもらえるサービスです。
お墓の一つの形となっています。
基本は共同のお墓で供養されるスタイルになっています。
永代といっても遺骨の安置期間は定まっていることが多く、それ以降は合祀されるかたちになります。
こちらのメリットは、遺族の負担が軽くなるという点と、費用の支出を抑えられるということ、無縁仏となる心配はないということなどが挙げられます。
永代供養墓には屋内型と屋外型があります。
このうち、屋内型であれば位牌が飾れるところもあります。
もちろんすべての屋内型の永代供養墓に当てはまるのではなく、位牌を飾るスペースがあるタイプであれば、飾ることができるようになっています。
したがって、飾りたいと考えている方は、申し込みをするにあたって詳細について確認するようにしましょう。
最近ではホームページを持っている運営主体も多く、それを見ることで写真付きでどういったお墓になっているのかを調べることができます。