寺院の永代供養墓の特徴

寺院の永代供養墓の特徴 寺院によって永代供養墓の特徴が違います。
一般的にはまずご遺骨の入った骨壺をお預かりします。そして一定期間納骨堂へと収められます。
納骨堂とは骨壺を管理しておく場所や建物を指し、納骨殿、霊堂などと呼ばれることもあります。
一定期間保管したのち、永代供養墓として合葬式納骨堂へ骨壺から出されて他のご遺骨と一緒に収められます。
納骨堂を御墓として管理している寺院もあり、ロッカー式、棚式、祭壇式、御墓式などに大別されます。その場合は直接そこへお墓参りに行くと良いでしょう。
永代供養墓の場合は最初は一括管理している納骨堂へのお参りですが、合葬式の供養墓へ移された後はそちらへのお参りになります。
持ち物や服装などの決まりはありませんので、近くに用事があったからなどと頻繁にお墓参りすると故人も喜ばれます。
また、お墓参りに予約は要りませんが、夜は施錠閉門する場合がほとんどですので、あらかじめ開門閉門の時間を問い合わせておくと安心です。

永代供養付きの個人墓があるってホント?

永代供養付きの個人墓があるってホント? 永代供養付きの個人墓はあります。ただ大変数が少なく、探すのはなかなか難しいのではと思われます。
基本、永代供養墓は合同墓が多いです。しかし皆考えることは同じで、できれば他人と合同ではなく、自分の家族だけでお墓に入りたいと願うことでしょう。
個人墓で永遠に供養や管理をしていただけるなら誰でもそのような所を望みます。そのため、永代供養付きの個人墓は存在しますが、売りに出されると早く売れてしまう現実があります。
もともとこのような墓は、あってもたくさんの募集はしていませんので、探して見つかるか見つからないかは、ある意味、ご縁なのかもしれません。
永代供養でも合同墓に抵抗がある方は、このような墓に絞って、時間をかけて探せば見つかるかもしれません。意外と近くにあったということもあります。
あらゆる墓地の情報を手に入れ、シッカリ探しましょう。新しい墓地や霊園にある可能性が高いですが、意外と昔ながらの墓地にもあるかもしれません。
ただ本当に数が少ないですから、早い者勝ちということを念頭に置いといてください。